忍者ブログ
10月13日~11月7日 秋の釣り
睡眠時間削って


今年の秋は普段行くポイントに入った魚の量が少ない印象


雨後の港湾部にもイワシの姿はなく


たまにホゲたり5匹くらいしか釣れなかったりで

10月の中旬頃には同じポイントに固執するのをやめて

少しでもベイトを探すよう、一回の釣行で5~10箇所回る回る

釣りする時間より移動時間が多かったりして

普段より睡眠がとれない

それでもなかなかおいしい状況にありつけないので

苦手な河川の釣りへシフト


河川を駆け巡る


東京湾に流れこむ河川は意外と多いが

多摩川・荒川・旧江戸川・隅田川・中川に狙いをしぼり

上から下まで知っているポイントを巡りに巡る

状況がいいエリアも多かったけど

橋脚明暗に入ろうとすれば先行者が入っていて

ただポイントを巡るだけの日もあった

それが嫌で港湾ばっかり行ってたんだけども...





10月下旬




10月下旬になってからは魚がコンスタントに出るエリアで浸かり


ピンで浸かったり仲間と浸かったり


鉄板も使い始めました、ソルティーソニックが一番好きですね

引き心地・飛距離・糸がらみ率の総合点でトップ


グリップが短いのでランディングネット使用で手返しが...


ネットに絡んだ魚をリリース時間がかかる

これが本数が伸び悩む原因になったり


いろんなルアーを試して今まで全く使用しなかった10~15cmくらいの

ミノーも使いはじめました

サイレントアサシン・ショアラインシャイナー・ザブラ・アイマ・タイドミノー

とラインナップ揃ったシリーズものをお試し中

今はコモモカウンターが一番のお気に入り


サイズは40~60台


パズウェーダーのブーツから浸水の日もあり

自転車のパンク修理キットで直すも

数日すると別の場所もに穴・亀裂

ブーツが柔らかすぎるんでは?

もうこりゃ使えんということで


1年のみばっちり保証してくれるリアスとさんざん迷った挙句

使い切りいちかばちかコースのプロックスウェーダを購入

LL買ったけど脇がわりと切り込んでいて
(というか使用していたパズが脇周りが割りと高めに作られていた)

無理目に攻めると冷っと入水

パズの方が進軍スピードは

早いですね

最近は無理して進まないのであまり関係ないですが...



それでもブーツが硬くて耐性があるし

ぴたっとしたフィット感があって大潮みたいな流れが太い日でも

抵抗少なく進めて気に入っていたんですが

買って1週間くらいでシーバスと自分がルアーでドッキング

大穴開けて落ち込む



とある日は上半身の蒸れが気になり

通気性良さそうなパズデザインのジャケット購入しましたが

造りがいまいちでRBBに回帰



段々と写真の撮り方が分かってきた気が...

フィッシュグリップで魚ランディングすると穴開くことあり

平気と言う人もいるけど心のどこかでひっかかる部分があり

口のどこにかければいいのか研究中




とある日はランディング時に
50cmくらいのシーバスと自分がルアーでドッキング

指にフックが刺さり流血

おとなしい奴だったので助かりましたが

指に入りこんだフックの針先を自らプライヤーで貫通させるときの感触

何回やっても嫌ですね(5回目くらい?)

RBのMだったので割りと痛みがなかったですがSPMHとかST46だったら

独りでできないんだろな


そんなこんなでロングタイプのフィッシュグリップを注文中

どうせ浸かり専用で錆びるだろうし2000円くらいの奴です

エイガードには3万出せてもフィッシュグリップにはそんなに金額は出せない



とある日はプライヤーを繋いでいたボヨンボヨンコードの接続部が

さびでポキッとと逝ってしまいプライヤーが海の藻屑へ

プラスチックのストリンガーは何年経っても変化なし

プラスチック素材のみの製品を物色中



周りでランカーコンスタントに出てましたが

僕には60台が精一杯


ラインは0.8号を試していましたが

飛距離勝負の状況も割りとあり

0.6号に戻しました

でかくてより重いルアーを投げるという点以外は

港湾にくらべてラインへの負荷と耐性を求められないので

細糸でもいけますね



タモ・プライヤー・カメラ・フィッシュグリップ・ストリンガーの位置関係も

いろいろ試してみて

背中にタモ・フィッシュグリップ左上・プライヤー右下・カメラ右上

ストリンガーは右の腰

でいったん落ち着きました


飛距離とファイト時間の短縮のためロッドも変更

ラブラックスの90L→98ML PEに

これが革新的な変化をもたらしてくれて

いろいろと良くなりました

KガイドではないLDBかな?がトップ側についているんですが

糸がらみが激減、90Lに比べれば小さい方の変化に感度がないですが

感度自体は負荷に応じて細かく刻めているのでやはりダイワのブランクスはいいなと...


ちと分かりにくい表現ですが、抵抗が0~100まであって

それをロッド側で0~20・80~100までを10づつ刻んで

20~80まで1づつ刻んで感じるのが98ML

0~40までを1づつ刻んで

40~100まで10づつ刻んで感じるのが90L

だめな竿は0~100まで10づつ刻むとか

1づつ刻む区間が中よりで狭い

そんなイメージです

僕の持論だとロッドはキャスト時・巻く時・ファイト時の3つの軸で

評価しているんですが

シーバスに関しては3つともバランスとれてないとダメです



そんなこんなで寝不足&仕事激務のため(36連勤しました)

リアルタイムの釣行記録は不可能

ダイジェスト的な手抜き釣行記でした




使用タックル

港湾90で河川は98ML

探してみたらラブラックスシリーズほとんど販売してませんね

廃盤?!


ダイワ(Daiwa) ルビアス 3000
ダイワ(Daiwa) ルビアス 3000
これも廃盤2007年販売開始でしたっけ?

ハンドルノブのベアリングは水に良く水没する部位なので

1~2ヶ月おきに交換してます



YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 150m
YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 150m

通年X8の0.6号いく感じになりました




クレハ(KUREHA) シーガー R18 フロロリミテッドハード BASS 80m
クレハ(KUREHA) シーガー R18 フロロリミテッドハード BASS 80m
このリーダーに変えてから1.2倍くらいキンキンに感じられる気がする...




がまかつ(Gamakatsu) 音速パワースナップ(徳用)
がまかつ(Gamakatsu) 音速パワースナップ(徳用)

Mサイズ。今日もトラブルなし





がまかつ(Gamakatsu) トレブルRB ミディアム
がまかつ(Gamakatsu) トレブルRB ミディアム

バイブ以外はほぼこのフック


アムズデザイン(ima) komomo 110S counter(コモモ 110S カウンター)
アムズデザイン(ima) komomo 110S counter(コモモ 110S カウンター)

リップレスミノーがはまる状況があるとこれを先発


ECLIPSE(エクリプス) ドリフトペンシル110
ECLIPSE(エクリプス) ドリフトペンシル110

普通のシンペンより深いレンジが刻み易い気が


タックルハウス(TACKLE HOUSE) R.D.C ローリングベイト
タックルハウス(TACKLE HOUSE) R.D.C ローリングベイト

ノーマルタイプとはまるっきり別のイメージでSSSを使ってます




にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへGyoNetBlog ランキングバナー





 - MAIN - 
使用タックル

がまかつ(Gamakatsu) 音速パワースナップ(徳用)
がまかつ(Gamakatsu) 音速パワースナップ(徳用)

20種類以上のスナップを試し最終的にいきついたスナップです。


メイホウ(MEIHO) VW-2010ND-Tタイプ
メイホウ(MEIHO) VW-2010ND-Tタイプ

釣行後の潮抜き時に水切りがラクです。


YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 150m
YGKよつあみ リアルスポーツ G-soul X8 アップグレード 150m

14lb(0.6号)を使用中です。


クレハ(KUREHA) シーガー R18 フロロリミテッドハード BASS 80m
クレハ(KUREHA) シーガー R18 フロロリミテッドハード BASS 80m

20lb(5号)を使用中です。


マグバイト(MAGBITE) タックルケース マグタンク
マグバイト(MAGBITE) タックルケース マグタンク

フックストレージとしてお試し中。


Golden Mean(ゴールデンミーン) GMプライヤー ロングノーズ
Golden Mean(ゴールデンミーン) GMプライヤー ロングノーズ

プライヤー&ラインカッターとして試用中です。


ダイワ(Daiwa) 07ルビアス 3000
ダイワ(Daiwa) 07ルビアス 3000

2010年11月から使用中。
更新情報を受け取る


撥水剤
いろいろな生地に使える撥水剤です。スプレータイプと違い効果が長持ちします。カッパ・折りたたみ傘・スニーカーなどに
ニクワックス TXダイレクトWASH-IN
ニクワックス TXダイレクトWASH-IN



初めて使ったときの記事は こちら
最新記事
訪問数
車が水中に転落したら
OTHERS
Powered by [PR]
Templated by TABLE ENOCH

PR